イオンモールハイフォンくわ入れ式、展開速度の記録を樹立

イオンモールハイフォンくわ入れ式、展開速度の記録を樹立

以上前の最初の投資促進会議以来1年で、5月13にイオンモールハイフォン – レチャン商業センター(レチャン)は日に起工しました。 この成果、日本政府代表は喜びの声を上げました。

これは過去にベトナムと日本の間の協力と開発投資の努力の成果です。

くわ入れ式に出席したのは、グエン・シュアン・プック首相、駐ベトナム日本国特命全権大使梅田 邦夫氏、ハイフォン市人民委員会委員長Nguyen Van Tungおよび他の関係機関 プロジェクト開発パートナー。

Aeon Mall 1

イオンモールハイフォンくわ入れ式にグエン・シュアン・プック首相

ハイフォン市は、インフラ整備が進み、高速道路をはじめとした道路網、ラックフエン国際港(深水港)、カットビ国際空港、中国と繋がる鉄道など、質の高い交通網を有するとともに、海岸線、数多くの島々など観光天然資源にも恵まれ、ベトナム国内において経済成長の著しい都市です。。

ハイフォン建設貿易投資会社(ハイフォン、JSC)、ハイフォン投資貿易観光振興センター、イオンモールベトナムの投資促進会議によりハイフォン市を選択することを決めました。Viet Phat不動産建設株式会社はインフラ開発のパートナーです。

イオンモールハイフォン – レチャンプロジェクトの実施スピードは多くの人々を驚かせました。ベトナム駐箚特命全権大使梅田邦夫氏によりますと「私は皆様を賞賛します。 このような短期間で、あなたはプロジェクトを推進し、今日から起工することができます。」

Aeon Mall 2

イオンモールハイフォンくわ入れ式に駐ベトナム日本国特命全権大使梅田 邦夫氏が発表

イオンモールベトナム会社の代表取締役岩村康嗣氏よりますと「イオンモールハイフォン – レチャンは、他国および他のベトナムイオンショッピングセンターと比較して、実施時間の記録を樹立した」とのことです。

双方が会って以来、ほんの数ヶ月で協力して実行することを決定する時でした。 ハイフォン市とイオンモールベトナムの会議は、2017年3月末に初めて開催されました。 当時、市党委員会幹事長、市議会議長のLe Van Thanh議長よりますと「ハイフォンはイオンモールがまもなく市内への投資を実現することを期待しています。 市は投資家のための最も優先的な政策を適用して、あらゆる条件を作り出すことに尽力しています」と誇りました。

2017年6月5日、党中央委員会委員、省共産党執行委員会長会、ハイフォン市人民評議会議長のLe Van Thanh氏とイオングループ会長の吉田氏との間で覚書式が開催されました。 東京で開催された「Vietnam  –  Japan Business Forum」にて、イオンモールベトナムとハイフォン市の間で、ハイフォンのイオンショッピングセンターの建設投資に関する覚書を作成しました。

2017年9月20日までに、ハイフォン市とイオンモールベトナムとの間で覚書の調印式が行われ、8か月後にハイフォンの大型スーパーマーケットの起工式が行われました。

Aeon Mall - 3

Viet Phat不動産建設株式会社とイオンモールベトナムとの間でイオンモールハイフォンに関する覚書の調印式が行われ

現在イオンモールは、世界の小売業社のトップカンパニーです。 200年間以上の歴史と日本最大の小売業社として有名です。 イオンは2009年以来正式にベトナムで運営されており、2014年1月1日以降ベトナムで事業を開始しています。 2025年までのイオンの目標はベトナムに20店舗の出店を目指しています。

イオンモールハイフォン – レチャンの総面積は約93,000平方メートルで、推定建設資本は1億9000万米ドルです。 これは、ベトナムでのイオンモールの6号店で北部でで3番目のショッピングセンターです。

最初の結果が達成され、特にハイフォン市の協力と共に、2020年にハイフォンでのイオンモールが完成することは信じられないほどの喜びです。プロジェクトは都市の商業開発に重要な貢献をします。 操業中、このプロジェクトは約2,000人の労働者の雇用を創出し、ハイフォンおよびクアンニン、ハイズーン、タイビンなどの近隣の町から毎年1,300万人以上の顧客を引き付けることが期待されています…
https://www.baoxaydung.com.vn/news/vn/kinh-te/dai-sieu-thi-aeon-mall-hai-phong-chinh-thuc-dong-tho-lap-ky-luc-ve-toc-do-trien-khai.html